Staff Blog

肌も髪も乾燥対策する季節

最近、急に寒くなりましたね。

 

この季節、特に気になってくるのが乾燥だと思います。

お肌も髪も乾燥するし、静電気で困ったことはありませんか?

 

 

□なぜ冬になると乾燥するのか

 

この時季、なぜ乾燥するか皆さんはご存知でしたか?私も今まではっきりとは知らずに過ごしてきました。

ではなぜ冬に乾燥するかというと、、、

 

空気中には水蒸気が一定量含まれているのですが、気温が低くなればなるほど、空気中に存在できる水蒸気量が少なくなるようです。

つまり、気温が低い冬は、空気中に存在できる水蒸気が少なくなるため温かい時季に比べ湿度が低くなり、空気が乾燥しやすくなるようです。

 

寒くなると使う暖房器具。中でもエアコンは特に水蒸気を発生させないで風を発生させることから、より部屋を乾燥させてしまう原因になると言われています。

 

外でも家でも寒くなると乾燥からは逃れられないようです。

 

そんな中、お肌の乾燥対策は女性なら大抵の人がケアしていると思います。

しかし、髪に対してはどうでしょう?

 

冬だからと言って特別なことをしている人はごくわずかだと思います。

髪もお肌同様、冬の乾燥する時季にはしっかりケアしてあげることが大切です。

 

寒いからといっていつもより熱めのお湯でシャンプーすると、熱いお湯は髪の油分や潤いを洗い流し過ぎてしまいます。

それに冬の気温の低下で頭皮の血行も停滞している人が多いと思います。

 

乾燥によって髪のキューティクルが剥がれやすくなり、その隙間から潤いが逃げていくことで、髪はパサつき、広がり、まとまりにくくなってしまいます。

 

潤いがなくなった髪は切れ毛や枝毛ができやすくなります。

潤いを逃がさないような対策をすることが大切です。

 

 

□乾燥から守るためのヘアケア

 

まずは、あまり熱くないお湯で頭皮と髪を濡らし、シャンプー剤は掌で泡立てて、髪につけてからもしっかりと泡立てて洗ってあげて下さい。

 

シャンプーをするときの髪と髪の摩擦もキューティクルを剥がれやすくなる原因になります。

 

その後はトリートメントをつけ、すぐ流すのではなく5分くらい置いたり、シャンプーキャップやホットタオルなどで保湿してあげましょう。

 

ドライヤー前にはアウトバストリートメントで水分や栄養を与えてから乾かすとより一層、乾燥から守る事ができます。

 

でもやっぱり専門知識を持ったスタッフにあなたに合ったヘアケアアドバイスをしてもらい、専門サロンでやってもらうもが一番良いでしょう。

 

乾燥が気になる季節に限りませんが、足を運んでみてはいかがですか?

 

Erika? ?Uno

関連記事

ページ上部へ戻る